アドセンスイメージ画像

Top >  膠原病とリウマチ >  膠原病とリウマチ性疾患の違い

膠原病とリウマチ性疾患の違い

スポンサード リンク

膠原病とリウマチ性疾患の違いは何でしょうか。


膠原病は、リウマチ性疾患を含むいくつかの疾患群の名前です。すなわち膠原病という名称は一つの病気の名称ではないと考えられます。しかし、膠原病が一つの疾患名として勘違いされることも多く、症状の理解を困難にしています。


膠原病とリウマチ性疾患は違います。リウマチ性疾患自体には多くの疾患が含まれていますが、その中の一部の疾患が膠原病であるとされています。具体的には膠原病の症状には、自己免疫疾患という免疫システムに障害が起こることによって生じる疾患、関節の痛みや炎症などの症状が見られるリウマチ性疾患、結合組織に起こる疾患などが全て含まれるのです。


ですから膠原病はリウマチ性疾患であるといえますが、リウマチ性疾患が全て膠原病であるわけではありません。けれどリウマチ性疾患は膠原病の特徴を多く含んでいます。すなわち膠原病はリウマチ性疾患の一つなのです。効果的な治療をするために、膠原病とリウマチ性疾患の違いを認識することが重要になります。

         

膠原病とリウマチ

膠原病とリウマチについて

関連エントリー

膠原病とリウマチ性疾患の違い