アドセンスイメージ画像

Top >  膠原病の初期症状 >  膠原病の初期症状を見逃さない

膠原病の初期症状を見逃さない

スポンサード リンク

膠原病の初期症状は微熱や倦怠感があるので、ただの疲れと見逃してしまうことがあります。膠原病の初期症状として一般的によく知られているのが、筋肉や関節の痛みです。痛みだけでなく、物を持ち上げられない、力が入らないなど、筋力が落ちることもあります。


膠原病は、本当なら病気から自身の体を守るための免疫システムに異常が起こることによって、自己免疫が自分の体を攻撃し、内臓や筋肉、関節などに障害がおこる病気です。そのため指先や腕、足などにしびれや血行が悪くなるなどの症状が現れるのです。特にレイノー現象といわれる指が白くなったあと紫色に変わる症状は、まさに血行障害によって起こるものです。これらのほかにも直射日光に刺激を受けやすくなり、直射日光を受けて発疹することがあります。皮膚の硬化やリンパが腫れることもあります。これらの症状は見逃して放っておくと悪化してしまいます。


いずれにしても手遅れにならないようにするため、これらの初期症状を見逃さないで早めに対処することです。

         

膠原病の初期症状

膠原病の初期症状について

関連エントリー

膠原病の初期症状を見逃さない