アドセンスイメージ画像

Top >  膠原病の症状 >  膠原病の症状を理解する

膠原病の症状を理解する

スポンサード リンク

膠原病の主な症状として原因がわからない発熱やだるさや関節や筋肉の痛みなどがあります。指先が白くなったあと紫色に変色してしびれてくるレイノー現象といわれる症状が出ることもあります。また皮膚が黒ずんだり、紅斑ができたりします。


膠原病のこのような症状は、膠原病がどのような病気なのか知ることで理解することができます。膠原病は筋肉や関節、皮膚などの細胞と細胞を結ぶ結合組織に炎症が起き、全身に痛みなどの症状がでる病気です。結合組織は細胞と細胞をつなぎ、栄養分を運ぶ大切な部分です。そこに炎症が起きると細胞そのものにダメージを与えます。それが関節や筋肉の痛みや皮膚の黒ずみ、レイノー現象などの症状となるのです。


膠原病の症状は、時に一見風邪や疲労と間違われたり、怠けていると思われたりすることがあります。症状の辛さを理解されず苦しんでいる人もいます。このような病気や症状を理解することが、早めの治療や病気の進行を遅らせることにつながります。

         

膠原病の症状

膠原病の症状について

関連エントリー

膠原病の症状~レイノー現象とは? 膠原病の症状は完治するのか 膠原病の症状を理解する