アドセンスイメージ画像

Top >  全身性エリテマトーデス >  膠原病の一つである全身性エリテマトーデス

膠原病の一つである全身性エリテマトーデス

スポンサード リンク

膠原病の中の一つに全身性エリテマトーデスがあります。SLEとも呼ばれるこの全身性エリテマトーデスとはどのような病気でしょう。


他の膠原病と同じく、この病気も若年層の女性に多く発症します。全身性エリテマトーデスが発症すると、膠原病に見られるような代表的な症状がでます。発熱や疲労感、関節や筋肉の痛みなどです。また代表的な症状として顔に紅斑ができる症状があります。皮膚や筋肉だけでなく、内臓や神経などいろいろなところに影響を及ぼします。レイノー現象も膠原病によく見られる症状です。


全身性エリテマトーデスの発症は、日焼けなどによって紫外線を浴びることが引き金になるといわれています。加えて発症が多い年齢や性別から、女性ホルモンの関与も考えられています。現在、全身性エリテマトーデスの治療法としてはステロイド剤が効力を発揮しています。しかし、長期にわたるステロイド剤の服用による副作用が取りざたされるなど、服用のバランスは難しい問題です。

         

全身性エリテマトーデス

膠原病と全身性エリテマトーデスについて

関連エントリー

膠原病の一つである全身性エリテマトーデス