アドセンスイメージ画像

Top >  膠原病と妊娠 >  膠原病が妊娠に与える影響

膠原病が妊娠に与える影響

スポンサード リンク

膠原病を発症しても、内臓疾患が重くなく症状が落ち着いていれば、結婚、妊娠、出産に関しては、膠原病が与える影響はないといわれています。ただし、膠原病の症状は複雑で人によってさまざまなので、妊娠、出産が可能かどうかは人によって違います。医師にしっかりと相談することが必要になります。


膠原病を発症しながら妊娠する場合、ステロイド剤の服用がどの程度であるかがポイントになります。妊娠した場合、胎児へ与える影響が気になるところですので、できるだけ服用は少ないほうが望ましいとされています。免疫抑制剤に関しては妊娠に影響を与えるものや胎児の成長に影響を与えるものがあり、服用してはいけない薬もありますので、現在服用している薬がもたらす影響について、しっかりと医師の指導を受ける必要があります。


また、膠原病の一つである全身性エリテマトーデスを発症している場合、高血圧などの症状は、妊娠中、胎児に影響を与えるといわれているので注意が必要です。他にも膠原病に伴う疾患によっては妊娠中の母体や胎児そのものに影響を与える場合があります。いずれにしろ、経験のある医師に診療を受けるべきでしょう。

         

膠原病と妊娠

膠原病と妊婦について

関連エントリー

膠原病が妊娠に与える影響