アドセンスイメージ画像

Top >  膠原病と食事 >  膠原病の症状を緩和する食事とは

膠原病の症状を緩和する食事とは

スポンサード リンク

膠原病の症状を緩和するために適した食事があります。


膠原病は免疫機能が犯されることによって炎症などの症状がでます。免疫機能を正常に維持し、症状を緩和するためには、やはり食事に気を配り、栄養をバランスよく摂取することが大切です。特にビタミン類を野菜などでたっぷり摂ります。膠原病は手足の関節など骨の変形等が現れる症状もあります。症状を緩和し骨を強化するため、カルシウムを豊富に含んだ小魚などを摂るようにします。また、カルシウムを効率よく吸収するために、カルシウムの吸収を高めるビタミンDも一緒に摂取することが望まれます。ビタミンDは、きのこ類やさけやさんまなどの魚に含まれます。


糖分の摂りすぎは、カルシウムの吸収を妨げるので注意が必要です。同じく油を使った食事も控えます。全体的に膠原病は痛みや倦怠感などで食欲不振になりがちなので、献立に気を配り、食欲をそそる食事メニューを心がけます。

         

膠原病と食事

膠原病と食事について

関連エントリー

膠原病をマクロビオティックで治癒していく 膠原病の症状を緩和する食事とは 膠原病にふさわしい食事