アドセンスイメージ画像

Top >  膠原病の治療 >  膠原病の治療に公費を利用する

膠原病の治療に公費を利用する

スポンサード リンク

いくつかの疾患の総称である膠原病の中には難病として指定されている疾患があります。膠原病の中で、難治性疾患と指定されたものの中に、治療に公費を利用できる特定疾患と認められた疾患があります。


全身性エリテマトーデス(SLE)や皮膚筋炎など10種類以上の膠原病が、公費で治療を受けられる疾患として認められています。膠原病はその疾患によって症状が重篤になったり難病だったりするため、検査はもちろんのこと、治療そのものの負担がとても大きくなります。ですからこの制度を利用することで負担を軽減することができます。負担する自己負担金は、各家庭の所得によって違います。


低所得の家庭や症状が重症の場合は、全額免除になりますが、家計の負担は誰の所得によるものかとか扶養されているのか否かでも自己負担金が違ってくるので、詳しくは管轄の機関で確認します。ただし、膠原病の治療に公費を利用する条件として、健康保険に加入していることが条件になります。

         

膠原病の治療

膠原病の治療について

関連エントリー

膠原病の治療のために公費を申請する手順 膠原病の治療に公費を利用する 膠原病を緩和するステロイド治療