アドセンスイメージ画像

Top >  膠原病と肺炎 >  膠原病性間質肺炎の症状と診断

膠原病性間質肺炎の症状と診断

スポンサード リンク

時に重篤となりうる膠原病性間質肺炎にはどのような症状があるのでしょうか。


一般的な肺炎と同じく、最も多く見られる症状は咳です。膠原病性間質肺炎に伴う咳は、ふとしたことがきっかけで出ることがあります。例えば息を吸い込んだり、話し始めようとしたり、何かをしようと、ふと動いたりしたときなど、不意に咳が出始めます。ただでさえ体力を消耗してしまう咳ですが、止まらなくなってしまうと、かなり苦しい状態になります。加えて、病状が進行すると息切れの症状もかなり出てきます。


膠原病性間質肺炎は、病状によっては致命的になりうる病気なだけに、早めの診断と治療が大事です。主な診断方法として、まずは肺の組織を顕微鏡で調べる方法があります。しかし、肺の状態や病気がどの程度進行しているかを診断するにはこれだけでは不十分なので、合わせて血液検査やCTスキャンなど数種類の検査を行います。

         

膠原病と肺炎

膠原病と肺炎について

関連エントリー

膠原病性間質肺炎の症状と診断 膠原病性間質肺炎とは