アドセンスイメージ画像

Top >  シェーグレン症候群 >  膠原病の合併症であるシェーグレン症候群とは

膠原病の合併症であるシェーグレン症候群とは

スポンサード リンク

膠原病の合併症として発症するシェーグレン症候群というものがあります。


合併していない原発性のシェーグレン症候群に対し、膠原病に合併するものは二次性シェーグレン症候群と分類されます。子供から大人まで幅広く発症しますが、一番発症しやすいのは50歳台の人たちだといわれています。


膠原病と同じく、自己免疫が何らかの要因によって自分の体に対し障害を起こすことで発症します。シェーグレン症候群は比較的女性に多く発症することから、女性ホルモンの関与が考えられます。またその他にもウィルスや免疫異常などいろいろな原因が関与しています。


シェーグレン症候群はこのようにいくつかの原因が組み合わさって発症する場合がほとんどです。年間2万人近くの人が発症しているとの報告がありますが、実際はこれ以上の患者がいると考えられています。

         

シェーグレン症候群

膠原病とシェーグレン症候群について

関連エントリー

膠原病の合併症であるシェーグレン症候群の治療法 膠原病の合併症であるシェーグレン症候群の症状 膠原病の合併症であるシェーグレン症候群とは