アドセンスイメージ画像

Top >  シェーグレン症候群 >  膠原病の合併症であるシェーグレン症候群の治療法

膠原病の合併症であるシェーグレン症候群の治療法

スポンサード リンク

シェーグレン症候群は今のところ決定的な治療法は見つかっていません。膠原病の合併症であるシェーグレン症候群の場合も同様です。


シェーグレン症候群の主な症状は乾燥ですが、この乾燥状態を緩和させること、これ以上進行させないことが重要な課題になります。例えば口が渇くと、唾液の分泌が低下するので口内環境が悪化し、虫歯や歯周病が発症します。それを防ぐために口内を清潔に保つことが大事になります。


目が乾燥する場合、涙の分泌が低下しますので、涙の代用となり乾燥を防ぐ働きをする目薬を点すなどします。また部屋が乾燥しないように加湿器を置いたり、濡れタオルを干したりの対策が必要です。特にエアコンを使用するときは注意が必要になります。


膠原病の合併症であるシェーグレン症候群である場合、皮膚の疾患も考えられます。その場合、皮膚に刺激を与えすぎないように、石鹸を頻繁に使ったり、熱いお風呂に入ったりするなどは避けます。


膠原病の合併症であるシェーグレン症候群の場合も、そうでない場合も、食事、運動、メンタル面に気を配り、規則正しい生活を心がけることが基本になります。

         

シェーグレン症候群

膠原病とシェーグレン症候群について

関連エントリー

膠原病の合併症であるシェーグレン症候群の治療法 膠原病の合併症であるシェーグレン症候群の症状 膠原病の合併症であるシェーグレン症候群とは