アドセンスイメージ画像

Top >  膠原病と小児 >  膠原病における小児と大人の違い

膠原病における小児と大人の違い

スポンサード リンク

小児期にかかる膠原病というものがあります。大人の膠原病とどのように違うのでしょうか。


一番にいえることは、症状が大人に比べ重いということです。単純に大人と小児で重症度が違うということではなく、年齢が低くなればなるほど症状が重くなります。そのため、膠原病の診断も大人より小児のほうがたやすくできます。大人と違い、約一回の検査での判断も可能です。一般的な膠原病の検査と同様、血液検査で診断します。他に尿検査などもあります。


注意すべきなのは膠原病に伴う合併症です。特に腎臓や肝臓などの臓器に対する合併症の発症率が高くなります。膠原病にかかる原因はウィルスや遺伝などさまざまな要因が考えられますが、はっきりとはしていません。いずれにしろ、子供たちの未来を考え、しっかりと積極的に治療に取り組むことが大事です。

         

膠原病と小児

膠原病と小児について

関連エントリー

膠原病における小児と大人の違い