アドセンスイメージ画像

Top >  膠原病とコラーゲン >  膠原病とコラーゲンとの関係

膠原病とコラーゲンとの関係

スポンサード リンク

膠原病は国の特定疾患の難病指定にもなっている重大な病気です。一昔前は不治の病でしたが、現在での生存率は95%以上という劇的な改善がみられました。


その中で、膠原病とコラーゲンの関係を見ていきましょう。膠原病は実は、別名をコラーゲン病とも言われています。その理由が、膠原病は、全身の細胞のボディガードであるコラーゲンが溶かされることで病巣が拡がります。このことから、膠原病とコラーゲンが関係していることが言えます。


しかし研究がすすむにつれ、膠原病はコラーゲンの異常だけが原因ではないことが分かり、結合組織全般の病気であることがはっきりしてきたようです。日本では膠原病という名称が一般化しているものの、コラーゲンを意味する膠原病という名称は不適切だという意見もあるようです。

         

膠原病とコラーゲン

関連エントリー

膠原病とコラーゲンとの関係